デジタル教科書開発

平成30年5月、デジタル教科書を正式な教科書に位置付ける「学校教育法等の一部を改正する法律案」が参議院本会議で全会一致で可決・成立し、平成31年4月に施行されました。小学校で次期学習指導要領が全面実施される2020年度から本格的な学校現場で活用される予定です。

​今までの授業では紙の教科書を使用しなければならないと定められており、デジタル版は副教材の扱いでした。法改正により、デジタル教科書との併用が可能となり、視覚障害や発達障害などで通常の学習が困難な児童生徒は、教育課程の全てで使用できるようになりました。

​デジタル教科書は新学習指導要領を踏まえた「主体的・対話的で深い学び」の視点からの授業改善や、障害などにより教科書を使用して学習することが困難な児童生徒の学習上の支援に繋がるものとして期待がされています。